HOME>特集>歩いたり掃除をしたり自分で出来る運動も習慣に

医薬品と自分の努力で改善を目指す

食事

合併症などを防ぐためにも、糖尿病は医療機関で治療をするのが良い方法です。仕組みとしてはいかに上手に血糖値をコントロールするかであり、いくつかの方法を使い医療機関では取り組むことになります。医薬品だけではなく日頃の生活習慣の改善も、治療を良好なものと導くための秘訣になるので、病院でのアドバイスを守りプライベートでも取り入れていくことが大切です。高い状態のままの血糖値にすることなく、正常に近づけてそれをキープする努力も必要になります。

日頃からこまめに体を動かすようにする

女性

病院では糖尿病の治療のために、患者に適度な運動もすすめますが、仕組みとしてそれが血糖値を安定させることにもなるためです。運動はイコールでアスリートたちの行うような、激しい筋トレを意味するわけではなく、無理せずできる運動習慣を身につけることができます。

何を普段食べるのかにも意識を持つ

人間は日々食べているもので出来ていて、糖尿病治療を開始するにあたり食事療法も必須項目です。病院では何をどうやって食べるといいのか、アドバイスをくれるので、闇雲に食事制限をする事にはなりません。糖質の過剰摂取は急激に血糖値を上げるもとに、適量をよく噛んで食べることも大事です。また野菜などを中心に、ヘルシーな食事を心がけること、エネルギーや栄養のバランスも考えての献立に切り替えていきます。

広告募集中